元気の代名詞「アントニオ猪木」の名言(道など)を研究し【言葉の力】を解明!

誰もが知っている有名人の中で「元気」という言葉で一番に思い浮かべる人物…
アントニオ猪木。彼の言葉に触れると不思議と元気が湧いてきます。
それは何故なのでしょうか?ここでは、彼の名言を研究し、言葉の力を解明します!

なぜアントニオ猪木の言葉は、人に「元気」を与えるのでしょうか?

当サイトのコンセプトは「元氣を与えるコンテンツ」を提供すること。

そうであれば、元気と言えばこの人をイメージする「アントニオ猪木」の研究は避けては通れません!

今回は、彼の言葉である「数々の名言」を研究対象として、記事をまとめてみました。

アントニオ猪木の名言にはなぜ「元気」を与える力があるのか?

この問いに答えるためには、大きく二つの軸が必要だと考えます。

すなわち、「(その言葉を言った)人物軸」と「言葉(そのもの)軸」です。

まず「人物軸」についてです。

いかに元気を与えてくれそうな言葉でも、「性格が暗くて、ネガティブな人」が言っていたら力は宿りません。

アントニオ猪木という「自らも元気な人」「人に元気を与えたいと思っている人」の言葉であるからこそ、その言葉に力が与えられるのです。

次に、「言葉軸」についてです。

もしこれらの言葉が「誰が言った言葉か不明」だったとしたらどうでしょうか?

例えば、このような言葉があります。

「コンプレックスをバネに飛躍することができるのではないか。」

誰でも言いそうな言葉ですよね?

実はこの言葉もアントニオ猪木の言葉なのです。

ということが分かると、不思議とこの言葉に力が宿ります。

この言葉と紐づけて、アントニオ猪木が言っているイメージが想起されたはずです。

そう。言葉の力は、その言葉を口にした人の持つイメージでも強化されるのです。

もちろん、言った人物に関係なく強い力を持つ言葉も存在します。

「どうせやるなら、(仕事・勉強)愉しくやろう!」

いかがですか?この言葉は誰が言ったか明確ではありませんが、言葉そのものに力を感じませんか?

「どうせ」というたった3文字の言葉が効いて「愉しくやろう」という一般的な言葉に不思議な力を与えています。

つまり、言葉の力は「その言葉自体が持つ力」と「その言葉を言った人物によって与えられた力」の2つに分けられると思います。

次にネット上で紹介されているアントニオ猪木の名言全て集めて、カテゴライズしてみました。

すると、アントニオ猪木の名言は以下の3つの視点でカテゴライズ出来ることが分かりました。

「最初の一歩が踏み出せない時」「人生の指針が欲しい時」「落ち込んだ時」です。

彼の言葉には、こういった状況の「時」に触れることによって、元気を与えてくれるようです。(時間軸による分類)

もしかしたら、彼自身がこういった状況にある人に元気を与えたいそう思って口にしているのかもしれませんね。

下記では、「最初の一歩が踏み出せない時」「人生の指針が欲しい時」「落ち込んだ時」という3つの分類に「その言葉を言った人物によって与えられた力」と「その言葉自体が持つ力」の2つの視点を加えて分類してみました。

「最初の一歩が踏み出せない時」に元氣を与えてくれるアントニオ猪木の名言

「その言葉自体が持つ力」に該当する名言

この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる。迷わず行けよ。行けばわかるさ。

人は歩みを止めたときに、そして挑戦をあきらめたときに、
年老いていくのだと思います。

アドバルーンを上げれば何かが動き出す。

「その言葉を言った人物によって与えられた力」に該当する名言

出る前に負けること考えるバカいるかよ!

常識から1ミリでもいいから 一歩踏み出せ!

寝てたいヤツは一日中寝ていろ!そのかわり、やる以上はギネスブックの記録を作るぐらいの覚悟でやれ!

さあ、やるんだ。やり抜くのだ。

道はどんなに険しくとも、笑いながら歩こうぜ!

「人生の指針が欲しい時」に元氣を与えてくれるアントニオ猪木の名言

「その言葉自体が持つ力」に該当する名言

花が咲こうと咲くまいと、生きてることが花なんだ。

人生は出直しの連続なり

人生は挑戦の連続である

「…たら」「…れば」を考えるより、どんな状況下でも 「何を、どうすれば、自分にとって最高の道となるのか」を見つけ出す方に時間をかけるほうが、有意義ですよね。

夢を持て!でかければでかいほどいい。とにかく、夢を持て。大ぶろしきをひろげておさまりがつかなくなってみろ、やらざるを得なくなるではないか。

馬鹿になれ とことん馬鹿になれ 恥をかけ とことん恥をかけ かいてかいて恥かいて 裸になったら見えてくる 本当の自分が見えてくる 本当の自分も笑ってた それくらい馬鹿になれ

闘魂とは己に打ち克つ、そして戦いを通じて己の魂を磨いていくことだと思います。

「その言葉を言った人物によって与えられた力」に該当する名言

元気が一番、元気があれば何でもできる!

「闘いのロマン」という引き出しこそ、もっとも開けて欲しいものなんだ。

ちっちゃなケンカをするたびにスケールが小さくなる。

悩みながらたどり着いた結論は、やはりトレーニングしかない。

自らに満足している人間は、それで終わりだ。

自分の我を引っ込めたときには、必ずといっていいほど挫折感を味わう。派手に見えれば見えるほど、裏で地味な努力をしているのがあらゆる世界のプロだ。

言い訳はひとつも通用しません。それでも歩きましょう。人生逃げ道なし。

妥協して敗れるのか、必死に闘った結果敗れるのかでは大きな違いがある

人間には、必ず人生の転機を直感し、的確に判断できるかどうかを試される時が何度かある

今、俺は人生のホームレスをやっております

死ぬエネルギーがあるくらいだったら、まだまだ生きられると思った

「落ち込んだ時」に元氣を与えてくれるアントニオ猪木の名言

「その言葉自体が持つ力」に該当する名言

もともとありもしない「限界」にこだわると、己れの力に疑問をもつようになり、しくじったり、できなかったとき、「ああ、これが俺の限界だ、もうダメだ」とギブアップしてしまう。

どん底に耐えられれば、裸になることができる。

「その言葉を言った人物によって与えられた力」に該当する名言

落ちたら、またはいあがってくればいいだけのこと。

コンプレックスをバネに飛躍することができるのではないか。

どうってことはない。負けたと思ってないんだから。

苦しい時、どん底の時にこそ、過激に生きなければならない。

まとめ

今回は、アントニオ猪木の名言をその言葉が力を発揮する3つの場面にカテゴライズして紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

言葉が力を発揮するのは、自分の潜在意識下にあるモヤモヤを言葉が明確に表現し、境界線として機能した時です。

「そう!そうなんだよ!」「そう!そうありたいんだよ、自分は!」「そう!そうあるべきなんだよ!」こういったスッキリ感があることで、自分の中のモヤモヤがスッキリして、「言葉への共感」が起きて、元気が湧いてくるのではないでしょうか。

ただ、あくまでもこれは僕の「仮説」にしか過ぎません。言葉の持つ力は何なのか?ただ、言えるのは「その人の置かれている状況」「その人が潜在的にモヤモヤしている時」に適切な言葉で「境界線」がひかれることで、スッキリとして指針を与えてもらいエネルギーが湧いてくる、そんな気がしています。

その証拠に、いかなる名言でも心に響く人と響かない人がいます。その事実こそが、その人にマッチした言葉がその人にとっての名言として機能し言葉の力を与えてくれることを表しているのではないでしょうか。

このテーマについては、ライフワークとして研究しているので、また新たな発見があれば記事にしたいと思います。